Yahoo!トリプルとは?「メリット~申し込み方法」まで徹底解説!

Yahoo!トリプルとは メリット Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングに出店して10年以上が過ぎました。

そんなYahoo!ショッピングを知り尽くしている私「ダイ」がYahoo!トリプル(以下トリプル)について徹底解説します。

トリプルって契約した方がいいの?

こんな疑問をお持ちの方はぜひご覧下さいませ。

そもそもトリプルとは?

「トリプル」は HTMLファイルやCSSファイルなどを自由にサーバーにアップロードできるサーバースペースを借りられ、
Javascriptも使用でき、ホームページの表現力が上がります。

トリプルの契約プランは?

トリプル契約は有料になります。
プランは2種類あり、下記になります。

☑ 300MBプラン
☑ 10GBプラン

300MBプラン

費用は月額3,000円(税込)となっております。
300MBあれば、相当大容量となっておりますので、
使用用途にもよりますが、かなりの画像をトリプルにアップロードする予定でない方はこちらで十分かと思います。

10GBプラン

費用は月額5,000円(税込)となっております。
画像などを多くトリプルにアップロードする場合などにご利用するプランです。

どれくらい使用するか現段階では未定の方は、プラン変更はいつでも出来ますので、
最初は300MBプランで大丈夫だと思います。

またどちらのプランをお申し込みの場合でも、初回のお申込み月は無料となっており、翌月からの請求となります。

トリプルの申し込み方法

ストアクリエイターPro内の左側にある「ツールメニュー」→「8.B-Space・トリプル」→「トリプル申し込み」から新規のお申し込みが可能です。

Yahoo!トリプルとは メリット

またプラン変更もこちらからお申し込みが可能です。

トリプル契約時のご注意点

トリプルはAOSSL対応を行う必要が御座います。

AOSSLとは「Always on SSL」の略で「常時SSL」と言われるものです。

【AOSSL対応前】http://~
【AOSSL対応後】https://~

URLやパスなどを「https://」にしてアップロードしなければ、アップロードできない仕様になっております。

トリプル契約のメリット

トリプルを契約するメリットは下記のようなことです。

☑ トップページや特集ページを独自で製作できる
☑ iframeを使用し、共通ページが製作できる

☑ 他店との差別化ができる

細かく解説していきましょう。

トップページや特集ページを独自で製作できる

HTMLやCSS、javascriptを使用して、トップページや特集ページを表現力や訴求力のあるページにすることが出来ます。

ほぼ制限なしで自由にコーディングできるので、「夏特集」や、「タイムセール会場」などという独自のイベントページを製作できる為、
回遊率上昇や転換率上昇などに繋がります。

iframeを使用し、共通ページが製作できる

iframeタグを使用できるようになる為、商品の販促(同梱促進など)や、
全商品ページに同じバナーを差し込み、定期的に変えたい(●●特集など)時などに非常に便利です。
また、にぎわいシステムなどを導入をご検討の方は、トリプル契約が必須になります。

※にぎわいツールとは、注文履歴がスクロールしたようなものや、レビューがスクロールしたものなど、人気(ひとけ)を出すシステムです。

他店との差別化ができる

自由にコーディングができるため、トップページなどで、店舗各々の特色やカラーを出すことが出来るため、
他店舗との差別化が出来ます。



続いて、トリプル契約のデメリットを解説していきます。

トリプル契約時のデメリット

メリットは下記のようなことがあります。

☑ 費用が掛かる
☑ 知識が必要になる

☑ 分析データが曖昧になる

詳しく見ていきましょう。

費用が掛かる

トリプルに契約すると300MBプランで月額3,000円、10GBプランで月額5,000円の固定費が発生します。

毎月発生するものですので、人によっては痛手になるかもしれません。

知識が必要になる

HTMLやCSSなどの知識がなければ、なかなかトリプルを生かすことは難しいと思います。
画像倉庫としての使用ではもったいないですし、やはり最低限のコード知識は必要かなと思います。

※トリプルは画像の大きさ制限は無いため、ストアークリエイターPro内での画像倉庫よりも大きな画像をアップロードできます。

分析データが曖昧になる

ストアークリエイターPro内の統計データにおいて、特集ページやトップページなどをトリプルで製作した際のアクセスや、そこからの参照は全て「トリプル」とひとまとめにされます。

その為、「どのトリプルのページから参照して商品ページに流入したのか」や、「どのトリプルのページのアクセスが増えているのか」等の正確なデータはストアークリエイターPro内では分かりません。

まとめ

如何でしたでしょうか。

トリプルは自由にHTMLやCSS、Javascriptを使用できる為、ホームページに表現力をプラス出来たり、店舗のカラーを出すことが出来る反面、固定費が掛かるのと、コード知識が必要でした。

特集ページやイベントページなどにお客様を集めたい方などは、ぜひ契約してみては如何でしょうか。

最後までお読み頂き、有難う御座いました、

タイトルとURLをコピーしました